eラーニング事業を「無料」で始める方法とは?

shutterstock_352785323

日本の人口は減っていますが、eラーニング市場は着実に伸びています。今まで対面で提供してきた教育サービスの多くが、インターネット上でも定休できるようになってきたからです。しかも、高額なシステムを導入しなくても無料のWEBサービスで一通りのことができます。例えば、SkypeやAppearなら無料でビデオ通話ができますし、Facebookやオンラオン掲示板で、生徒の学習コミュニティが無料でつくれます。メルマガやLINEで日々の学習フォローができ、YouTubeやPodcast、Blogでは、動画、音声、テキストの学習コンテンツを無料配信できるのです。

 

無料WEBサービスを使って生徒の成長と満足を高めよう

 

eラーニングというのはインターネットを利用した学習形態です。数年前は、高額なシステムを開発しないとeラーニングを始めることは難しかったのですが、今は違います。

続きを読む

なぜ広告を出すだけでは生徒を集められなくなったのか?

shutterstock_151074635

スクールビジネスで一番大事なのは、生徒に「成長や楽しさ」という価値を提供することです。そのため、スクールの経営者や教師、スタッフの皆様は、生徒への価値提供にできる限りの時間とエネルギーを注ぎたいと思っているはずです。とはいえ、生徒が集まらなければスクールを経営することは困難です。そこでスクールビジネスの経営者は、「生徒が自然に集まる集客の仕組み」を設計することが大切な役割となります。仕組みづくりは経営者以外にはできないからです。

 

お金を使う広告だけでなく、知識や情報を発信しよう

 

広告会社などのプロにお金を払えば、集客のための広告を出すことはできます。しかし、生徒も広告は売り込みだと分かっていますし、問い合わせをする前に、ホームページなどでスクールが発信する情報を見て、他のスクールと比較し、自分を最も成長させてくれる価値の高いスクールを選ぼうとします。インターネットやスマートフォンが普及する以前は、広告だけでも集客することができました。なぜなら、スクールと生徒の間に情報格差があったからです。スクールが発信する広告以外、生徒は情報を得る術がなかったのです。

続きを読む

なぜカリキュラム開発は、育成すべき人物像から始まるのか?

shutterstock_379736446

生徒が成長するほど、良い評判が広がり、生徒が集まってきます。一方で、生徒が成長しないスクールは、どんどん生徒が減っていきます。この違いは一体なんでし
ょうか?生徒がぐんぐん成長するスクールと、伸び悩んで退会してしまうスクール、この違いを生むのが「育成すべき人物像の明確化」です。

 

未来を予測すれば「育成すべき人物像」が明らかになる

 

あなたはなぜ教えることを仕事にしているのでしょうか?きっとあなたのように、多くの人たちにも成長して、夢や目標を叶えて欲しいと願っているからでしょう。自分と同じような失敗や辛い経験をしてほしくない、という想いもあるかもしれません。きっとあなたは「これからこんな未来がやってくる」という未来が見えている、もしくは体験されているのです。

続きを読む

生徒の成長責任が問われる環境づくりが事業責任者を育てる

s_shutterstock_347397518

教育スクールビジネスの事業責任者は、収益に対する責任はもちろんですが、生徒の成長に対する責任もあります。生徒が成長しないスクールが長期間繁栄することは考えられません。そのためにも、生徒の成長度合いを測るために、成長そのものが見える化されている必要があります。

 

生徒の成長にこだわるほどスクールは儲かる

 

事業責任者は、事業を成長させる責任があります。事業を成長させるには収益が必要です。教育スクールビジネスの場合、収益は、生徒の成長によってもたらされると考えています。生徒が成長するスクールは継続率が高く、良い評判が広がり、どんどん生徒が集まるからです。とはいえ「成長」は目に見えないことも多いため、意図的に生徒の成長度合いが見える環境をスクール内に作る必要があります。

続きを読む

損益責任を厳しく求めることで事業責任者が育つ

shutterstock_237828910

スクールビジネスにおいて「生徒の成長」はもちろん大切ですが、ビジネスを持続させていくためには「スクールの利益」が必要です。利益が増えるほど、カリキュラム開発、人材の採用など、生徒の成長につながることにお金を投資できるからです。そこで大切になってくるのが「損益への責任感が強い事業責任者の育成」です。

利益はどうやって増えていくのか?

 

スクールの利益を増やす方法は2つあります。1つは「売上」を増やすことで、もう1つは「経費」を減らすことです。売上から経費を引いたものが利益ですから、この2つの数字を常に「見える化」する必要があります。

続きを読む

eラーニングがもたらす教育の進化とは?

shutterstock_127827473

従来の集団教育は、一人の先生が複数の生徒に一方的に知識を教えるため、個々の生徒に合わせた指導ができず、生徒の成長を最大化しにくいという問題点がありました。教育業界で注目されているeラーニングを活用した「反転授業」なら、その問題を解決することができます。

従来の学び方をひっくり返した「反転授業」

一般的な学校の授業などで採用されているのは集団教育です。先生の板書を生徒がノートに書き移しながら基本知識を学び、応用は自宅でやるという指導方法です。本来、生徒は1人1人学習進度が違いますし、宿題でつまづいてしまうと、どんどん分からなくなってしまいます。とはいえ、個別に指導するにはコストがかかりすぎて難しかったのです。

続きを読む

生徒の入会率100%を目指す「入会の公式」

shutterstock_117277951

人は商品やサービスそのものにではなく「自分が受け取る価値」にお金を払うものです。教育スクールビジネスにおける「生徒の価値」とは「生徒の夢や目標が達成できる」こと。それが100%実現できるとイメージしてもらい、投資するお金と時間が100%無駄にならないと信じてもらうことが入会率100%への道です。

入会率100%ヘの道

「入会の公式」に基づいて、生徒集客の仕組みを見直した成功事例を2つご紹介します。1つ目の成功事例は、生徒の成長ストーリーを語ることで生徒数を増やした学習塾A社です。英語塾A社の課題は、カウンセラーによって入会率に差があることでした。あるカウンセラーは入会率が80%あるのに、別のカウンセラーは入会率が45%だったのです。

この入会率の差の原因は何か?

続きを読む

独自カリキュラム開発に必要な「法則化」とは?

shutterstock_389770573

「名選手は名監督にあらず」との言葉通り、素晴らしいプレーをする人物が必ずしも素晴らしい先生になれるとは限りません。自身の「経験」を「法則」に転換しなければ、能力の異なる生徒を成長させることは難しくなります。

あなたの「経験」を「法則」に転換しよう

あなたに素晴らしい経験があっても、ご自身の「経験」をそのまま生徒に伝えるだけでは、能力の異なる生徒たちを成長させることは難しいはずです。生徒の成長を促すカリキュラムは「法則」になっています。法則とは「いつ、どこでも、一定の条件のもとでは成立する関係」のことです。例えば、テニススクールであれば、どんな生徒でもレッスンに一定期間通えば、テニスのラリーができるようになることが「法則化」されたカリキュラムです。もちろん、生徒の運動神経によって上達に個人差はあるでしょう。その中でも、法則を見出し、強化していこうとする日々の研究が大切です。

続きを読む