成功事例8 ネイルスクール H社様

s_事例8

重点コースを絞ったことで、120万の高額プロコースが安定的に売れる仕組みができたネイルスクールH社様の成功事例です。

課題

  1. コースが多すぎて、集客・営業の方針がぶれていた
  2. 他のスクールとの差別化に苦労していた

成果

  1. 120万の高額プロコースを重点商品に選び、収益性が高まった
  2. 営業回数を絞ったことで、女性スタッフが働きやすい職場になった

改善施策

  1. 自社スクールの“学び価値”を最大化する重点商品に絞った
  2. 重点商品に合わせた集客ツール、営業トークの改善

導入プログラム

まとめ

コースが多すぎて、低価格のコースに生徒が流れてしまい、労働時間は増えても、売上は増えない状況になっていました。
スクールの“学び価値”を最も発揮できる重点商品に絞ることで、営業回数を減らしても、高確率で高額プロコースの契約を結ぶことができるようになり、収益性と生産性が向上しました。