先生ポジションを確立するための魔法の話術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shutterstock_58076497

生徒には来てほしいけれど、できれば営業はしたくないと思っていませんか? 営業トークをしなくても、先生ポジションを確立し、入会に導く魔法の話術があります。

「生徒はたくさん集めたいけれど、営業はしたくない」という声をスクール関係者からよくいただきます。ここでは、営業マンにならず、先生としての地位を確立しながら、商品サービスを販売する方法をお伝えします。

このコラムは『教育型ビジネス無料WEBセミナー』の内容を元に執筆しました。

生徒の言葉を引用し、成功ストーリーを語る

 

たとえば、都内になるネイルスクールの事例です。「私のスクールに入会してください」と言われると、相手は売り込まれているように感じてしまうでしょう。そうではなく、「私のスクールに通っている生徒さんで、手先が不器用だというコンプレックスを持つ女性がいました。それでも憧れのネイリストになりたいという気持ちが強く、プロコースにお申し込みされました。この生徒さんは2年後に自宅サロンを開いて、人気のネイリストとして活躍しています。この生徒さんは、スクールのカリキュラムがわかりやすく、先生が丁寧に教えてくれたので、楽しみながら成長できました。と喜んでくださいました。」

これは実際にあった話ですが、いかがでしょうか?この話を聞いた方は、きっとスクールに入りたい気持ちが高まっているはずです。あなたは何も売り込んでいないのに、です。

このように生徒の声を引用することで、スクールの魅力を伝え、入会への意欲を引き出すことができます。生徒さんの成功ストーリーを語ることで、先生ポジションを確立でき、売り込まずに申し込みをいただけるのです。逆に、「他のスクールより安いので、ぜひ入会してください」と頭を下げたらどうでしょう。相手は、「このスクールほんとに大丈夫なのかな?」と不安に感じてしまうかもしれません。

生徒のBefore Afterのストーリーを具体的に語りましょう。前回のコラムでもお話ししましたが、人はまず頭の中で成功しているイメージが描けないと行動できないものです。Before Afterのストーリーを語ることで、聞き手が自分の成長イメージを頭の中で描けるようになります。

成功しているイメージが描ければ、行動、つまり申し込みをしてくれるのです。そして、気がつけばあなたは、さん付けではなく先生と呼ばれていることでしょう。この魔法の話術を活用することで、先生ポジションを確立し、売り込まずに入会に導きましょう。

3つの注目ポイント

 

  • 先生ポジションを確立できる独自トークを身につける
  • 自分でスクールの魅力を語ると売り込みになりやすい
  • 生徒の成功ストーリーは柔らかな説得力を持つ
The following two tabs change content below.
株式会社教育スクールビジネス研究所 代表取締役 小林正弥

株式会社教育スクールビジネス研究所 代表取締役 小林正弥

早稲田大学理工学部を卒業後、教育会社の事業責任者を経て独立。 教育スクールビジネス専門の経営コンサルタントとして、多数のスクールの業績アップを支援してきた。自身が教育によって、人生とビジネスを飛躍させた経験から「教育こそが未来を変える」という信念を持っている。
株式会社教育スクールビジネス研究所 代表取締役 小林正弥

最新記事 by 株式会社教育スクールビジネス研究所 代表取締役 小林正弥 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。