生徒の入会率100%を目指す「入会の公式」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shutterstock_117277951

人は商品やサービスそのものにではなく「自分が受け取る価値」にお金を払うものです。教育スクールビジネスにおける「生徒の価値」とは「生徒の夢や目標が達成できる」こと。それが100%実現できるとイメージしてもらい、投資するお金と時間が100%無駄にならないと信じてもらうことが入会率100%への道です。

入会率100%ヘの道

 

このコラムは『教育型ビジネス無料WEBセミナー』の内容を元に執筆しました。

「入会の公式」に基づいて、生徒集客の仕組みを見直した成功事例を2つご紹介します。1つ目の成功事例は、生徒の成長ストーリーを語ることで生徒数を増やした学習塾A社です。英語塾A社の課題は、カウンセラーによって入会率に差があることでした。あるカウンセラーは入会率が80%あるのに、別のカウンセラーは入会率が45%だったのです。

入会の公式
入会率 = 生徒の夢・目標 ー 生徒のリスク

この入会率の差の原因は何か?

 

まずカウンセラーごとに提案のトークを分析したところ、入会率の高いカウンセラーには「共通点」がありました。それが、見込み客に合わせて「生徒の成長ストーリー」を語るということでした。プログラム内容や料金説明だけでなく「生徒の成長ストーリー」を語ることで、それを聞いた見込み客が、スクールに入会後の自分自身の成長をイメージしやすくなっていました。また、「生徒の成長ストーリー」を語り出すと、カウンセラー自身もスクールに対する自信がが高まり、堂々と入会へのクロージングができていたのです。この方法を全てのカウンセラーに共有した結果、全体の入会率が高まったのです。

入会率80%を達成した英会話スクール

 

2つ目の成功事例は、100日間返金保証で入会率80%を達成した英会話スクールB社です。「100日間で話したい英語がペラペラになる」という約束と同時に、「万が一、100日間通っても望む英語力が身につかなければ全額返金」という方針を打ち出されていました。これで生徒はお金を無駄にしてしまうリスクがなくなりますし、結果にこだわるスクールの姿勢が伝わりやすくなりました。その結果、入会率が80%以上になったのです。

この2つの成功事例から考えても、入会の公式に基づいて、生徒に夢や目標が達成できると信じてもらい、お金や時間のリスクを減らしていくことが入会率100%への道です。「入会の公式」は、カウンセリングだけでなく、セミナーやパンフレット、ホームページにも応用ができるので、ぜひ生徒集客の仕組みづくりに活用してみてください。

3つの注目ポイント

 

  • 人は商品そのものではなく「価値」にお金を払う
  • 一番の価値は、失敗せずに、生徒が夢や目標を達成すること
  • 「入会の公式」の基づいて生徒集客の仕組みを作ろう
The following two tabs change content below.
株式会社教育スクールビジネス研究所 代表取締役 小林正弥

株式会社教育スクールビジネス研究所 代表取締役 小林正弥

早稲田大学理工学部を卒業後、教育会社の事業責任者を経て独立。 教育スクールビジネス専門の経営コンサルタントとして、多数のスクールの業績アップを支援してきた。自身が教育によって、人生とビジネスを飛躍させた経験から「教育こそが未来を変える」という信念を持っている。
株式会社教育スクールビジネス研究所 代表取締役 小林正弥

最新記事 by 株式会社教育スクールビジネス研究所 代表取締役 小林正弥 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*