教室・スクール集客を飛躍させる「脳内成功」のつくり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
s_brain

一般的に、人は明るい未来が想像できれば行動し、想像できなければ動きません。入会することで明るい未来が手に入るイメージ「脳内成功」を設計しましょう。今回は、スクールの集客を飛躍させる「脳内成功」の作り方をお伝えします。

一般的に人は、自分が成功しているイメージが描けた時に行動すると言われています。私は、この状態を「脳内成功」と呼んでいます。普通の人は成功しているイメージがわかないと、不安が解消されず動けません。たとえば職場から家に帰りましょうと言えば帰れますが、アフリカに行ってくださいと言われると、行き方がイメージできない人は動けないでしょう。

スクールの集客も同じです。たとえば、英会話スクールなら、入会後、自分が英語を話せるイメージが持てないと入会してもらえないはずです。合格実績やスコアといった数字を出すだけでは「脳内成功」を作り出すことはできません。なぜなら自分ごととして置き換えられないからです。

大切なのはストーリーです。ハリウッド映画でも活用されている「ストーリーテリング」という手法をお伝えします。「ストーリーテリング」とは、伝えたいメッセージを、それを想起させる印象的な体験談やエピソードなどの〝物語〟を引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法のことです。

このコラムは『教育型ビジネス無料WEBセミナー』の内容を元に執筆しました。

■ストーリーテリングに必要な3つの要素

要素1 スクールに入る前の課題は?
要素2 スクールで何を学び、どう成長したか?
要素3 どんな結果が得られたか?

具体例として起業スクールEの事例をご紹介します。上記の3要素を、生徒がスクールを卒業する時に必ず聞き、それをホームページなどで情報発信しました。もともと成功している人の話を聞いてもピンときませんが、自分と同じ状況か、それ以上に困っていた人の大逆転ストーリーを聞くと、自分にもできそうな感じがするものです。

こうした生徒の成長ストーリーを公開することで、ゼロから起業して成功できるイメージを作り出し、起業スクールEの集客が倍増しました。「脳内成功」を作り出すストーリーを集めて、集客を飛躍させてください。

3つの注目ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。