教育スクールビジネス研究所の「生徒集客の仕組み構築」成功事例

「生徒集客の仕組み構築」をサポートさせていただきました。掲載許可を頂いている教育・スクールビジネスの事例をご紹介します。

成功事例:1 CASE 語学学習オンラインスクール 反響数0→累計20,000名 生徒数0→累計5,127名
成功事例:2 CASE 学習塾 反響数 608名→1,024名 生徒数 240名→501名
成功事例:3 CASE 起業支援オンラインスクール 反響数0→1,500名 生徒数0→508名
成功事例:4 CASE WEBマーケティング会社 講演会500名動員 セミナー累計400名動員
成功事例:5 CASE 英語学習オンラインスクール 反響数0→1,800名 生徒数0→512名

自然と生徒が集まる仕組みができました!

「生徒集客の仕組み構築」のサポートは、あなたのスクールを知らない人たちが、自然と問い合わせをして、喜んで入会し、学び続けてくれる「集客の仕組み」を構築していきます。集客の仕組みが回り出すと、無理な営業をしたり、売上や集客の不安から解消されます。

集客 見込み化 生徒化 継続学習

教育・スクールビジネスの集客と売上が安定しない4つの壁とは!?

第1の壁 スクールのことを”知らない”

見込みとなる生徒が、あなたのスクールのことを知らなければ、問い合わせをしてくることはありません。知ってもらう手段をいくつお持ちですか?

第2の壁 スクールに”問い合わせをしない”

見込みとなる生徒が、あなたのスクールに問い合わせをしてこなければ、入会することはありません。問い合わせの方法をいくつお持ちですか?

第3の壁 スクールに”入会しない”

問い合わせをしてきたとしても、全員が入会するとは限りません。あなたは入会率を上げる施策をいくつお持ちですか?

第4の壁 スクールで”継続学習しない”

生徒が入会してくれたとしても、継続学習をしてくれなければ、スクールの収益にはなりません。生徒が喜んで継続学習をしたくなる施策をいくつお持ちですか?

集客の設計図が形になると見ず知らずの人が「4つの壁」を心地よく越えていく 集客 見込み化 生徒化 継続学習 その結果...自然と生徒が集まり、売上がどんどん増えていきます! 集客 見込み化 生徒化 継続学習 ...でも、本気で「カリキュラム開発」するなら“正しいステップ”と“集中した時間”が必要です。

生徒がスキルを習得したり、試験に合格できるのは、“正しい学習ステップ”と“集中した勉強時間”があるからですよね?

同じように、「生徒集客の仕組み構築」もこの2つが必要です。では、どうやって生徒集客の仕組みを構築していくのか、その具体的な戦略をお伝えします。

生徒集客の仕組み構築6大戦略

これまで、様々な教育・スクールビジネスの「生徒集客の仕組みづくり」をサポートしてきた結果、この6大戦略をステップバイステップで実践することで、自然と生徒が集まる仕組みが完成します。

写真

戦略1 生徒集客の設計図の作成

自然と生徒が集まる設計図を描いていきます。あなたのスクールを知らない人が、自らの意思で問い合わせをして、喜んで入会してくれるフローを設計していきます。

画像
チェック戦略1で扱うテーマ
  • 1-1スクールビジネスの正しい集客と間違った集客
  • 1-2生徒を引き寄せる集客設計図
  • 1-3絶対に見るべき6つのマーケティング指標(KPI)
  • 1-4“学び価値”の情報発信術

戦略2 入会カウンセリング&体験レッスンの実務戦略

理論上は100%入会してもらえるカウンセリングと体験レッスンの具体的な戦略を手に入れていただきます。
高確率で入会してもらえる状態になると、集客や売上が安定していきます。

画像
チェック戦略2で扱うテーマ
  • 2-1入会の公式を理解する
  • 2-2カウンセリングキットに必要な要素出し
  • 2-3カウンセリングシートのつくり方
  • 2-4カウンセリングキットの作成方法
  • 2-5体験レッスン&カウンセリング成功の9大ポイント

戦略3 生徒集客ツールの設計

戦略1と2で設計した内容を、具体的な集客ツールに落とし込んでいきます。しっかりと事前の準備を行うことで、高確率で生徒を集客できるツールと仕組みが完成します。

画像
チェック戦略3で扱うテーマ
  • 3-1体験レッスン&カウンセリングのオファー設計
  • 3-2必要な集客ツールと要素出し
  • 3-3集客できるチラシ・ホームページ・スクール案内づくり

戦略4 集客倍増のインターネット情報発信術

教育スクールビジネスにおいて、商品を販売する前に行うことがあります。それは、見込み客に役立つ「知識・情報」を惜しみなく提供することです。その結果、インターネットなどで十分な情報を得た見込み客が、喜んで入会してくれるようになります。

画像
チェック戦略4で扱うテーマ
  • 4-1“学び価値”を発信する必要性
  • 4-2情報発信するべき5つのテーマ
  • 4-3集客できる記事の書き方
  • 4-4オウンドメディアに必要な3つの人格

戦略5 入会につながるセミナー企画とPDCA会議導入

生徒を爆発的に増やしていく施策の1つが「セミナー集客法」です。なぜなら、セミナーなら、一度で大人数の見込み客に提案できるからです。それから、集客の仕組みをブラッシュアップしていくPDCA会議を導入することで、日々の改善が行われ、自動集客の仕組みが完成します。

画像
チェック戦略5で扱うテーマ
  • 5-1入会につながるセミナー企画と実務戦略
  • 5-2PDCA会議の目的とグランドルール
  • 5-3数字に強くなる「日計表」の導入
  • 5-4重要事項が実行される「アクションリスト」の導入

戦略6 生徒集客の流れづくりと最終確認

ここまでで、生徒が自然に集まる集客の仕組みができあがりました。スクールのさらなる成長のための次なる戦略を練り上げていきます。

画像
チェック戦略6で扱うテーマ
  • 6-1生徒集客の流れの完成
  • 6-2次なる集客戦略の決定
  • 6-3生徒集客倍増チェックリスト

6つのステップで「生徒集客の仕組み」が完成!

集客 見込み化 生徒化 継続学習

教育・スクールビジネスの経営者の声

各業界で活躍する経営者からメッセージをいただきました。期待に応えるべく、これからも全力で仕事に向き合っていきます。

「誠実で、真面目で、研究熱心な彼なら、きっと多くの
クライアントから感謝されるようになるだろうと思う。」

ブランドカンパニーラボ主宰
有限会社ココカラ 代表取締役

江上隆夫

写真

30年以上、数多くのクライアント、商品のブランドづくりを生業としてきた。そのためか、簡単なオリエンテーションを受け、クライアントを訪問すると、何が問題で、おおよそどんな解決方法があるのかパッと分かるようになってきた。人様にプロだと言われると、まあ、確かにこれで食べているし、プロだと自分でも思う。

その自分がどうしても出来ないことがある。それが「自己プロデュース」だ。あまりに近すぎるゆえに、自分の良さは見えない。自分の売りにも気づけない。何が魅力で、何が欠点で、どこを打ち出せば人様は振り向いてくれるのか。とんと分からないのである。

小林正弥さんに会ったのは、ずいぶん前のことだが、その若さがあふれる顔に似合わず、視点はクリアで、戦略は老獪だ。広告やブランドではベテランの域だが、コンサルタントとしては、まだまだ。その自分を相手に、売りを見つけ、魅力的な見せ様と仕組みを考え、さまざまなスタッフを巻き込みながら、ビジネスの動線をきちんと引いてくれたのは彼だ。

年上を相手に上手にペーシングしてくれる。たぶん、彼のノウハウ無くして、ブランドづくりのコンサルタントとしての成功はなかったと、いまさらながらに思う。教育業界での実績はすごいものがあると聞いている。誠実で、真面目で、研究熱心な彼なら、きっと多くのクライアントから感謝されるようになるだろうと思う。

その他、学習塾、オンライン速読スクール、心理学協会、ブランディングスクール、英会話スクール、オンライン起業スクール、営業教育スクール、ネイルスクール、WEBマーケティング会社、オンライン英語スクールなど、様々な教育・スクールビジネスの支援をしてきました。

生徒が自然と集まる「生徒集客の仕組み」を作りませんか?

まずは「生徒集客の仕組み構築」6大戦略セミナーで必要なノウハウを手に入れてください

儲かるスクールビジネスをつくる「生徒集客の仕組み構築」6大戦略セミナーで学べること

セミナー参加者の喜びの声

これまでに、全国からたくさんの方がセミナーに参加して、独自カリキュラム開発の一歩を踏み出しました。

喜びの声

VOICE

新しいビジネスをスタートするので役立てればと思い参加しました。
具体的な数字(指標)に落とし込むことの重要性を学びました。
自営業モデルから脱却して、ビジネスオーナーを目指す人におすすめです。(H.M様・男性・東京都)

喜びの声

VOICE

お金の計算と管理ができていなかったことに反省しました。
まずは現状把握して目標数字を決めていきます。(K.T様・女性・東京都)

喜びの声

VOICE

現在の仕事が労働に偏っており、行き詰まりを感じていました。新たなビジネス展開を考えており、その商品設計や発展のさせ方を学びたく思い、参加させていただきました。今までいかに自分があいまい、感覚的にビジネスをしていたかに気付かされました。しっかり数値管理し、設計図を持って取り組むことで、成果は大きく変わると確信できました。なんとなく経営をしている人や、時間がなくて困っている方におすすめです。(M.N様・男性・神奈川県)

喜びの声

VOICE

理想の人生を歩むための経費が明確になり、お金のモヤモヤ感が吹き飛んでよかったです。単価アップと継続収入という進むべき道を再確認できました。
今年の目標が達成できれば、理想の人生になると明確になりました。(K.N様・男性・東京都)

喜びの声

VOICE

数字に落として管理することの大切さを学びました。(Y.M様・男性・東京都)

喜びの声

VOICE

思いと具体化のバランスの大切さと、苦手な分野は専門家のサポートを得ることの重要性を学びました。(R.Y様・男性・東京都)

喜びの声

VOICE

新規事業を立ち上げるヒントになればと思い、参加しました。
どんぶり勘定なので、もっと細かく数字と向き合うことの大切さを学びました。経営者や独立しようと思っている人におすすめです。(T.S様・男性・東京都)

喜びの声

VOICE

利益と数値管理は大切だと思いながら、ついつい日常の業務に埋没していました。やはり明日から取り組みます。(H.S様・男性・東京都)

喜びの声

VOICE

数字が苦手でやる気がでなかったのですが、収益を上げるために参加しました。マーケティングにおいて「脳内成功メソッド」という考え方は、すごく必要だと思いました。やる気はあるのに、やり方がわからない方におすすめです。(I.H様・男性・東京都)

喜びの声

VOICE

商品作りやお金お稼ぎ方を聞きたいと思い、参加しました。
個人の家計簿と会社の損益計算を分けることや、商品の管理の仕方を学びました。顧客数を増やしたい人におすすめです。(J.N様・男性・埼玉県)

喜びの声

VOICE

お金や数字と向き合うことが苦手で、今まで向き合ってこなかった分野だったので、このタイミングで考えてみたいと思いました。自社の問題点がつかめていない経営者におすすめです。(T.A様・女性・東京都)

喜びの声

VOICE

自分のお金の設計と改善のヒントをつかもうと思い、参加しました。
数値の確認の大切さを改めて感じました。管理ツールの日計表とToDoリストが面白いです。(T.S様・男性・東京都)

喜びの声

VOICE

社長の仕事は知的生産。だが知的生産の9割はムダになる。でも1割が爆発的にお金を生むかもしれない。意外と曖昧にしていたので、指標を決めて、しっかりやっていきたいです。(H.S様・男性・東京都)

喜びの声

VOICE

指標を決めることの大切と習慣化や見える化することが改めて大事だと思いました。(E.H様・男性・神奈川県)

喜びの声

VOICE

日計表の話を前々から聞いていましたが、なかなか具体的な活用ができなかったので、糸口になればと思い、参加しました。事前に理想の損益計算書を考えること、商品設計、集客システム、管理ツールの考え方と活用が役立ちました。意外と指標に外れてムダなことをやっていることが多いと気付きました。事業をやっている方におすすめです。(C.S様・女性・東京都)

参加者限定の2大特典

セミナーに参加した方にだけ、以下の2つの特典をプレゼントしています。儲かるスクールビジネスに役立つノウハウが凝縮された特典です。

セミナー参加特典プレゼント
【セミナー参加特典その①】たった1枚のシートで生徒集客の全体像が描ける!「生徒集客の設計図」作成テンプレート
画像

テンプレートに記入していくことで、生徒が自然に集まる「生徒集客の設計図」が描けます。

設計図を形にすることができれば、集客や売上の不安から解放されます。

【セミナー参加特典その②】教育・スクールビジネス10業種の“成功ノウハウ集”

「独自カリキュラム開発」、「生徒集客の仕組み構築」、「eラーニング事業立ち上げ」、「事業責任者育成」の成功ノウハウがまとめられています。これを読むだけで、儲かるスクールビジネスの秘訣をつかんでいただけます。

画像
  • 事例1 反響数1.7倍、生徒数1.5倍!学習塾 A社様
  • 事例2 月額4980円×累計5000名達成!オンライン語学スクール B社様
  • 事例3 30万の高額塾が毎回満席!心理学協会 C社様
  • 事例4 月50万のコンサルティングを複数受注!ブランディングスクール D社様
  • 事例5 6ヶ月で黒字化達成!社会人英会話スクール E社様
  • 事例6 月額6480円×500名の集客成功!オンライン起業スクール F社様
  • 事例7 セミナー営業で月商300万の仕組み!営業教育スクール G社様
  • 事例8 120万の高額コースが売れる仕組み!ネイルスクール H社様
  • 事例9 500名講演会、100名セミナー成功!WEBマーケティング会社 I社様
  • 事例10 月額4980円×500名の集客成功!オンライン英語スクール J社様

教育スクールビジネス研究所が、「生徒集客の仕組み構築」にこだわってきた理由

どんなに素晴らしい教育カリキュラムや指導方法を持っていたとしても、生徒が集まらなければ、社会に価値を提供することはできないと思います。

生徒にとっても、あなたのような高品質の教育を提供しているスクールに出会えないことで、学ぶ機会を失ってしまいます。

そこで、私たちは、素晴らしい“学び価値”の創造と提供をしているスクールの集客の仕組み構築を支援することで、生徒とスクールの一期一会の出会いを増やしていきたいと強く思っています。

株式会社教育スクールビジネス研究所 小林 正弥

専任講師の紹介

写真 株式会社教育スクールビジネス研究所 代表取締役社長 小林 正弥(こばやしまさや)

教育・スクールビジネス専門の経営コンサルタントとして、多数のスクールの業績アップを支援してきた。自身が教育によって、人生とビジネスを飛躍させた経験から、「教育こそが未来を変える」という信念を持っている。

“生徒の成長”と“高収益”を同時に実現することをモットーに、独自カリキュラム開発、生徒集客の仕組み構築、eラーニング事業立ち上げ、事業責任者育成をワンストップで革新する独自のコンサルティングを行っている。

これまでに支援してきた業種は、学習塾、英語塾、オンライン速読スクール、心理学協会、ブランディングスクール、英会話スクール、オンライン起業スクール、営業教育スクール、ネイルスクール、WEBマーケティング会社、オンライン英語スクールなど。

早稲田大学理工学部電子情報通信学科卒
早稲田大学理工学部硬式庭球部元主将

100%返金保証

セミナーに参加していただいた後、ご満足いただけない場合はメールで事務局にご連絡いただければ、理由を問わず100%返金をさせていただきます。

私たち教育スクールビジネス研究所は、まだ社歴の浅い会社です。社歴は浅いのですが、コンサルティングをさせていただいた教育・スクールビジネスの成長に全力を注ぎ、一緒に成果を作ってまいりました。

今回のテーマである「生徒集客の仕組み構築」は、すでに複数の実績がございますが、やり方や考え方には、相性もあるかと思います。

そこで、セミナーの内容に満足いただけなかった場合は、メールで事務局にご連絡いただければ、理由を問わず100%返金をさせていただきます。

ただし、下記に当てはまる方はご遠慮ください

とにかく儲かればいい

私たちは、収益は「生徒の成長と満足」を提供することで、得られる、と考えています。「とにかく儲かればいい」という方はご遠慮ください。

生徒の成長には興味がない

私たちは、“生徒の成長”と“高収益”を同時に実現したい教育・スクールビジネスの経営者を支援しています。「生徒の成長には興味がない」という方はご遠慮ください。

経営者ではない、起業する予定もない

このセミナーは、経営者対象となっていますので、経営者か起業準備中の方以外は、ご遠慮ください。

セミナーの概要

テーマ 儲かるビジネスをつくる
「生徒集客の仕組み構築」 6大戦略セミナー
日 程 2017年2月26日(日)14:30-17:00
会 場 東京 渋谷駅近辺  ※申込みされた方に詳細をお伝えします
費 用 20,800円(税込)
講 師 株式会社教育スクールビジネス研究所
代表取締役 小林正弥
特 典 ① 「生徒集客の設計図」作成テンプレート
② 教育・スクールビジネス10業種の“成功ノウハウ集”
保 証 100%返金保証
定 員 5名 受付終了しました
6大戦略セミナーに申し込む

よくある質問

セミナーの日程が合わないので、個別に相談したいのですが・・・

A. 個別のご相談は、スポットコンサルティング(2時間)をご用意していますので、こちらからお問い合わせください。

これまでにどんな業種のコンサルティング実績がありますか?

A. 直接コンサルティングとして関わったのは、学習塾、子供の英語塾、社会人向け英会話スクール、ブランドコンサルティング会社、WEBマーケティング会社、心理学協会、公認会計事務所、ネイルスクール、起業支援スクール、速読オンラインスクール、営業教育スクール、英語オンラインスクールです。セミナー参加者の業種は40業種以上です。

フランチャイズに加盟していても大丈夫ですか?

A. フランチャイズとは別に、独自のカリキュラムで教育スクールビジネスを始めることを検討されているなら、大丈夫です。

セミナーのお申込みフォーム

儲かるスクールビジネスをつくるための「生徒集客の仕組み構築」の6大戦略を学ぶチャンスです!

当セミナーは、少人数のセミナーとなっており、お席に限りがございます。参加を希望される方は、今すぐお申込みください。
必要事項をご入力いただき、【入力確認画面へ進む】ボタンをクリックしてください。続いて確認画面に切り替わりますので内容をご確認いただき、間違いがないようでしたら、【送信する】ボタンをクリックしてください。
必須は入力必須項目です。

会社名必須
例)株式会社SAMPLE
部署名・役職必須
例)代表取締役
お名前必須
例)山田 太郎
メールアドレス必須
例)info@sample.jp

メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

メールアドレス(確認)必須
例)info@sample.jp

メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

郵便番号必須
例)150-6090
都道府県必須
住所必須
例)○○市△△区□町1-1

【個人情報の取り扱いについて】
個人情報保護方針
株式会社教育スクールビジネス研究所(以下、当プログラム)は、お客様のプライバシーに係わる個人情報を適切に保護することを重大な責務と認識し、この責 務を果たすために、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関係法令を遵守して、個人情報を適切に取り扱います。

個人情報の利用目的
(1)当プログラムは、お客様の個人情報のうち、商品の発送、お客様へのご連絡、情報の提供、サービス・商品のご案内等をご利用頂くために必要 なものに限り、当プログラムサイトをご利用の方を対象にお尋ねすることがあります。

(2) 当プログラムは、お客様にご提供頂いた個人情報を、商品の発送やサービスの提供並びにそれに伴うお客様へのご連絡、メンテナンス・重要なお知らせなどのご案内送 付、お客様にとって有用と思われる情報をご紹介するための情報提供、メールマガジン、ダイレクトメール、FAXの配信、発送 及びその他これらに付随する業務を行うために利用させて頂きます。

(3)個人情報を収集する際は、個々の取得箇所において、目的を可能な限り明確にし、その目的の範囲内での適法かつ公正な利用を行います。

個人情報の保護
当プログラムは、お客様に提供して頂いた個人情報を適切、厳重に管理し、個人情報への不正なアクセス、情報の紛失、破壊、改竄、漏洩等が起きぬ よう、合理的な措置を講じます。
第三者への提供・開示
当プログラムは、次に掲げる場合を除き、個人情報を第三者に提供または開示することはありません。

(1) お客様の同意を得た場合
(2) 当プログラムと機密保持に関する契約を締結している会社等に対し、個人情報の利用目的の達成に必要な範囲内で、個人情報の取扱の全てまたは一部を委託する場合
(3) サービスの利用、商品の注文、セミナー・イベント等への申込で決済が必要な場合、 金融機関等との間で個人情報の交換確認をする場合
(4) お客様からのお問合せ、ご購入頂いた商品やお申込頂いたセミナー・イベント等の関するアフターサービス等のため、機密保持に関する契約を締結している会社 等からお客様に直接連絡させて頂くことが適切と判断される場合
(5) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得るこ とにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある時
(6) 個人の識別が不可能な範囲内で個人情報を提供する場合
(7) 人の生命、身体または財産保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
(8)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人データが提供される場合

保有個人情報の開示・訂正・利用停止
当プログラムでは、保有個人データについては、保有個人データのご本人様からの開示・訂正・利用停止などの求めに対応させて頂いております。

(1)開示
当プログラムの保有個人データに関して、お客様ご自身の情報の開示及び利用目的の通知をご希望される場合には、お申し出頂いた方がご本人であることを確認した上 で、合理的な期間及び範囲で回答致します。

(2)訂正・削除等
当プログラムの保有個人データに関して、お客様ご自身の情報について訂正、追加又は削除をご希望される場合には、お申し出頂いた方がご本人であることを確認した上 で、合理的な期間及び範囲で情報の訂正、追加又は削除を致します。

(3)利用停止・消去
当プログラムの保有個人データに関して、お客様がご自身の情報の利用停止又は消去をご希望される場合には、お申し出頂いた方がご本人であることを確認した上で、合 理的な期間及び範囲で利用停止または消去します。

個人情報に関するお問い合わせ・苦情受付窓口について
当プログラムの個人情報の取扱に関するお問い合わせ、苦情については、下記までご連絡ください。

株式会社教育スクールビジネス研究所
email:info●schoolbiz.jp
(迷惑メール対策のため@の表示を●にしています)

ページトップへ